今回は、自分で費用をかけずに地盤の強さを調査する方法を紹介します。

1 地図 (グーグルマップで十分でしょう。)

対象地周辺の地形や地名を確認するためのものです。昔からの地名の確認は重要で、「沢」「川」「谷」など水に関連する地名は地盤が弱い可能性が高くなります。

もし対象地に「大字」や「小字」、「字」という文字が入っていたら、それに続く地名はとても重要です。特に「小字」は狭い地域を示すので、ピンポイントで昔の土地の状態を表していると考えられます。

参考となるサイトは

なお、大規模造成があると、昔の地名がなくなり「○○三丁目12−5」のような表記になることがあります。このような場合は、法務局で対象地の「土地全部事項証明書」や「閉鎖登記簿謄本」を取得して調べます(但し有料。)。

2 地形図 (国土地理院のHPで閲覧)

周辺の地形、土地の用途、等高線を見ます。

たとえば水田が周辺にあると地盤は軟弱である可能性があります。
逆に高台で周辺に畑があると、水はけのよい硬い地盤であるとの期待が持てます。

また周囲が高く谷になっている土地は、昔、川が流れていた可能性があるので、軟弱地盤である可能性が高くなります。

等高線は土地の起伏を見ます。軟弱地盤の場合、等高線がないかあっても間隔が大きいので、このような場合は要注意です。

3 古地図

東京に限られますが、Google Earth で調べられます。
東京以外の方は、各自治体で閲覧できる可能性があるので、問い合わせましょう。


古地図で調べられない人は、これで代用できます。
ただ大規模造成地など、以前と土地の状況が大幅に変わっている場合は、対象地を探し当てるのに結構苦労します。

その場合は、撮影年の違う写真を何枚かプリントアウトして、現在の航空写真(Googleでも調べられます。)と状況が変わっていない場所を見つけて照合し、探し当てます。

5 土地条件図 (国土地理院のHPで閲覧)

地盤の良好な台地・段丘地、地盤の軟弱な谷底平野・氾濫平野などが色分けされています。

作成されている範囲が限られているのが残念ですが、対象地が作成範囲に入っているのであれば是非とも利用しましょう。

なお、後記7の「土地分類基本調査図」のうちの「地形分類図」でも代用できます。
(7の方が見やすいので私としては、まずは7を使うのをお薦めします。)

地形別の地盤硬軟はこちらを参照

6 活断層図 (国土地理院のHPで閲覧)

活断層の所在を示す地図です。対象地が活断層に近いと直下型地震が起きた場合の被害が甚大になります。

作成されている範囲が限られているのが残念ですが、対象地が作成範囲に入っているのであれば、是非とも利用しましょう。

街の大きめの本屋さんで取り扱っていることがあります。

7 土地分類基本調査図(国土交通省のHPで閲覧)

国土交通省のHPの左側のメニューから、「5万分の1都道府県土地分類基本調査」を選び、対象地のある地域を選択(赤く塗り潰れる)して、プルダウンメニューから、図を選択して「表示」ボタンを押します。

地形分類図からは、台地・段丘地、低地などの地形情報が分かります。
*地形別の地盤硬軟はこちらを参照

表層地質図からは、表層地質の構成(砂、礫、粘土など)が分かります。粘土が含まれているときは、軟弱地盤である可能性があります。

また土地が形成された時代の情報も重要です。沖積層とよばれる約2万年前以降に形成された土地は地盤が軟弱です。表層地質図から対象地の地質時代を調べ、沖積層か否かを確認します。

8 土地分類基本調査〜垂直調査(国土交通省のHPで閲覧)

首都圏、名古屋周辺、大阪周辺など一部の地域に限られますが、土地の地質断面図が検索・閲覧できます。対象地が沖積層にあるか否かを調べられるスグレモノです。作成範囲に入っているなら、是非とも見ておきたい図です。

9 ハザードマップ(国土交通省のポータルサイト

地盤だけではなく、洪水・内水、土砂災害などの自然災害の危険性の有無も調べられます。

10 対象地周辺を歩いて調べる

軟弱地盤で土地の沈下があると、周辺にその痕跡が現れます。

近隣宅の基礎・擁壁の亀裂、壁の亀裂・陥没・沈下・目地ズレ、道路の起伏・凹凸、側溝の乱れ、電柱の傾きなどを実際に目で見て確かめます。

*****

これらを自分で実際に行うのは大変なことです。が、これら全てを調べてくれる住宅会社(ハウスメーカーや工務店)や不動産仲介業者は、なかなかないと思います。

災害に弱い土地を掴まないためにも、頑張って調べましょう。

ちなみに私は、古地図以外は全て調査しました。大変だったけど、自分が住む土地のことがよく分かって、やってよかったと思っています。v(^^)v

コメント
コメントする