液状化被害は主に地震のときに発生しますが、土地変形による住宅の被害は液状化現象だけが原因ではありません。地震がなくても生じる不同沈下や地盤沈下の方がはるかに切実です。

これらの沈下は、日々、少しずつ進行して徐々に建物が傾き、また亀裂が入るという被害を発生させうる
からです。

1 不同沈下とは

不同沈下とは、建物が不揃いに沈下することで、建物全体が均等に沈下するのではなく、斜めに傾いていく現象です。(分かりやすい図はこちら→
株式会社山成 ジオテック株式会社

不同沈下は、建物が不均一に沈下する被害なので、地盤の硬軟だけでなく、硬軟の不均一性を見抜くことが重要になります。

この硬軟の不均一がよく見られるのが宅地造成地ですね。宅地造成地においては、傾斜部に土を盛った部分(盛土)が沈下を起こしやすいため、同じ敷地内に固い切土部があると敷地面の沈下に差が出てしまいやすいのです。 (参考となる図はこちら→「いい家」を作る会 All about

山を切り開いた造成地や水田・湖沼を埋め立てた造成地は、不同沈下のリスクが大きく、杭を打つなどの工事が必要となることが少なくありません。このような土地を買うときには要注意です。

*ちなみに私は、山を切り開いた造成地を買いました。自分なりに調査し、大丈夫だろうと判断したからです。

(参考)不同沈下の被害写真 → エヌプラス新潟

2 地盤沈下とは

地盤沈下とは、比較的広範囲に地盤が沈むことを指します。個々の敷地や建物がバラバラに動くことではなく、周辺道路も含めて地域単位で沈み込む現象です。

災害のほか、地下水や天然ガスの汲み上げ、鉱物の坑道掘削などが原因となります。

ちなみにぽんいちが土地探しをした地域(愛知県長久手市など)には、「亜炭廃坑による地盤の陥没・沈下」が問題となるところがありました(私は友人でもある不動産屋さんに聞いて初めて知りました。)

3 圧蜜沈下とは

圧蜜沈下とは、水分を多く含んだ土が脱水して体積が減ることにより地盤が沈下する現象をいいます。

水をたっぷり吸ったスポンジの上に物を乗せると、水がしみ出ると同時にスポンジが潰れるイメージです。

これは水分を多く含んだ土地で起こるので、粘性土で問題となる一方で、砂質土では殆ど問題とはなりません。

4 土地の陥没

主な原因としては、

・伐採した樹木の根が腐朽したことによるもの
・防空壕や井戸などの空洞に土が吸い込まれたことによるもの
・建物の取り壊しや浄化槽の撤去においてきちんと取り除かずに一部を土地に残し、またガラを埋めたことによるもの

などがあります。

これは主として人災であり地盤沈下と似て非なるものですが、注意は必要です。

〜〜〜

これらの問題の調べ方については、機会を改めて述べようと思います。


ぽんいちです。

私は、化学物質過敏症(CS。シックハウス症候群はその一つ)ではないけれど、アレルギー体質(アトピー持ち)です。

CSは、人それぞれが持つ許容量(耐性限界)を超えて化学物質に接すると発症する疾患です。

花粉症と同じような機序ですね

アレルギー体質の人や、普段から薬品に接することが多い人(医療従事者など)は、特にCSの発症に気をつけないといけないらしいです。

「シックハウス対策規制(建築基準法の改正)もできたし、全てF☆☆☆☆の建材を使えばシックハウスにはならないんじゃないの?」

いえいえ、そうではありません。「F☆☆☆☆」はホルムアルデヒドの放出量を基準にしたものに過ぎず、他の有害化学物質は問題にしていません。シックハウス症候群は、ホルムアルデヒド以外の化学物質が原因となって発症することもあります。

それに!

「F☆☆☆☆」の建材の中には、室温25℃では放出量は微量でも、室温が40℃、50℃と上がっていくと放出量が著しく増えていき、室内に高濃度の有害化学物質が充満していくものもあります。2月、3月に引き渡しを受けた物件が迎える最初の夏は、特に注意が必要です。

(こんな笑うに笑えない話もあります。代議士先生殿、建築基準法の改正が甘いんちゃう?と突っ込みたくなります。)

それではどうしましょう?

「完全無添加住宅」なるものを作るのも一つの手です。でもこれは、コストがかかるし、建材や住宅設備にかなりの制約が出て、不便な家になりかねません。

そこでぽんいちは、「いちばん問題となる建材をなるべく使わないでおこう。」というバランス作戦で妥協しました。

具体的には、「ビニルクロスを極力使わない」作戦です。

ぽんぽん邸でビニルクロスを用いるのは、トイレ、洗面脱衣所、土間のみ。これら以外でクロスを貼る場所には、「コットンクロス」を用いることにしました(布クロスは汚れが落としにくいとのことなので却下)。

このコットンクロス、メーカーから取寄せたばかりのサンプルを嗅がせてもらったのですが、ビニルクロスから出る、あの化学的なにおいが全くしませんでした。

欠点は、施工費が屬△燭蝪隠僑娃葦澆半々高めなのと、デザインの種類がビニルクロスに比べて乏しいこと。

これらの点が気になる場合は、水回り・廊下・階段など滞在時間が少ない空間にはビニルクロスを使い、滞在時間が長くなるLDK、子ども部屋、(特に)寝室に限り使うのがいいかもしれません。

JUGEMテーマ:注文住宅
 ぽんいちです。

これらの画像は、ぽんぽん邸の基礎に埋め込まれたスリーブ管(さや管)の写真です。


通常、このような間隔のスリーブ管の埋め込みは、基礎の強度が下がり、問題になるみたいです。(詳しくはこちら 躯体図の描き方〜スリーブ間隔のルール

具体的には、スリーブ管の間隔は隣接するスリーブ管の直径の平均の3倍以上が必要とのことです。

実際、このルールを守らずに鉄筋を組んだ現場に対して、第三者の建築士がやり直しを指示したケースがあることを知りました。(詳しくはこちら 欠陥住宅を調査する建築士のブログ

このことをコンクリート打設の前日に知り、急に不安になったので、昨日の打合せの際に工務店さんに、ぽんいち邸のスリーブ管は大丈夫なのか、聞いてみました。


ちょっと見にくいですが、左側がぽんいちの工務店さんのスリーブ管の入れ方、右側がよく見られるスリーブ管の入れ方です(緑がスリーブ管、ピンクが基礎コンクリート)。

右側のように、スリーブ管が基礎の側面を貫通する場合(上右図だけでなく、基礎底面を通らずに立ち上りを貫通する場合も含む)、一般に基礎側面の強度は弱いので、スリーブ管の間隔を空けてコンクリートを厚く流し込む必要があるのですが、

左側のように基礎の底面だけを貫通する場合、底面は側面に比べて強度は強い上に、ぽんいちの工務店さんは基礎底面のコンクリートの厚さが200ミリ均一であり、通常の住宅のベタ基礎(150ミリ)よりも厚く丈夫なので、上で述べた3倍ルールを採らなくても強度には問題はないという説明でした。

納得、安心しました。

基礎ひとつをとっても、住宅の建築は難しく、奥が深いことを痛感したぽんいちでした。

清きワンクリックをお願いします。<m(__)m>
   ↓
JUGEMテーマ:注文住宅
 ぽんいちです。

工務店さんから、打設した基礎底面のコンクリートの
養生が
終わったとの連絡があったので、見に行ってきました。

↑ 
全面、厚さ200ミリ均一の分厚い基礎です。
頼もしいです。


表面がとても綺麗に仕上っています。
クラックも見当たりませんでした。

サヤ管(スリーブ管)周りも綺麗に仕上っています。

基礎の側面も全面、綺麗に仕上っていました。
クラックも見当たりませんでした。

また床下点検のために鉄筋が不連続になっている部分には、
斜めの補強(筋交い)がきちんと設けられていました。

鉄筋の被りは約65ミリありました。
なお、基礎の立ち上がりの厚さは150ミリになるそうです。

開放的な空間にするために耐力壁がとんでいるLDKの下の基礎には、
16ミリの鉄筋が用いられていました。


素人目ではありますが、とても良い仕上がりだと感じました。

明日月曜日から基礎立ち上がりの型枠を組み始め、
順調に進めば木曜日にコンクリートを打設するそうです。

出来上がりがとても楽しみです。

恥ずかしい話ですが、東日本大震災において浦安で発生した液状化現象を見て、この現象の怖さを初めて知りました。

液状化現象には地盤改良で対策することもできるようですが、完全に対策できるか不安も残る上に多額の費用がかかることなので、新規に土地を購入するのであれば、液状化のおそれの(少)ない土地を選ぶのがいいですね。 

そこで費用をかけずに液状化危険度を調るべ方法。 

それは国や地方自治体が公表している、候補地の液状化マップ(予測図)を手に入れることです。

私の場合、「防災みえ.jp」の液状化マップのPDFを入手しました。 

「都道府県別 液状化現象ハザードマップ リンクページ」には、千葉県や横浜市、静岡県、愛知県、和歌山県、大阪府、宮崎県、鹿児島県などの液状化マップがリンクされています。液状化に関する書籍も紹介されているので、詳しく勉強したい方は、是非、訪れてみてください。 

もしインターネット上で見つからない地域の土地の場合は、その土地の市区町村や県の土木課・建築課あたりに電話して、液状化マップがないか、聞いてみると良いと思います。その市町村に土地を買って引っ越すことを考えていると言うと、無料で郵送してくれる市区町村もあります。

この方法でも情報を入手できない場合は、土地の状況から推測していくことになります。
(あくまで「推測」なので、100%安全というわけではありません。次善の策です。) 

液状化は地盤が砂地で水分量が多い土地で発生しやすいので、水田や河川の近く、埋立地を避けます。 他方、これらの地に比べて山地や台地は危険度は下がります。 

なお、購入候補地が高台や内陸部だからといって、液状化の危険度が低いとは限らないようです。例えば名古屋市の場合、比較的地盤が良好であろうとされる守山区でも、液状化の危険のある場所が点在しています。 ですので、地盤が良好であるとされる地域であっても、念のため、調べておくことをお勧めします。

清きワンクリックをお願いします<m(__)m>
   ↓

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
JUGEMテーマ:注文住宅


ぽんいちです。

現在FPの家を建築中の土地は、今年の3月に新規に買ったものです。

昨年の11月に家を新築しようと決断してから僅か約4カ月で、幸運にも満足のいく土地を買うことができたのですが、探し始めの当初は、かなり苦労しました。

私がこだわった主な条件は、

・地盤がよいこと
・標高が低くないこと
・日当り
・敷地の広さ
・閑静な場所であること
・擁壁工事など多額の工事費用がかからないこと

です。最初の2つは3・11の被害を見てのことです。

これから少しずつ、これらの点で調べたこと、考えたこと、感じたことを書いていこうと思います。

にほんブログ村

JUGEMテーマ:注文住宅
<
/strong>
 ぽんいちです。

工務店さんから、基礎の鉄筋がほぼ組み上がったとの
連絡があったので、見に行ってきました。
(この写真は配筋中のものです。)

基礎鉄筋

主筋の太さは13ミリ、鉄筋のピッチは180ミリ、
基礎底面の被り厚さは60ミリとなっていました。

また基礎コーナー部の鉄筋の継ぎ手部の長さは
540ミリありました。
規定では520ミリ以上なので、十分ですね。

防湿シートもきちんと敷かれていました。

上の写真左上の、斜めに走っている溝は地中梁だそうです。
ここは空間を広く見せるために耐力壁が少なくなったため、
構造計算をして地中梁で強度を補ったとのことです。

この地中梁部分には、16ミリの鉄筋を入れたそうです。

木造軸組なのに、部屋を広く見せたい&でも地震には強くしたい
という私達夫婦のわがままに応えるためです。


金曜日に底面部のコンクリート打設をする予定とのこと。

楽しみです。


JUGEMテーマ:注文住宅

ぽんいちです。

三重県に住むアラフォーです。

このたび、県内に高気密・高断熱のFPの家を建てることになりました。

これまでの経緯や、完成後はFPの家での生活を綴っていこう
と思います。

よろしくお願いします。